市民の政策研究会「くるま座」 詳細予定表
ヘルプ   キーワード   検索条件 
今月に戻る
 
2017年5月

1
2
3
4
5
6
7
8 9 10 11 12 13
14
15 16 17 18 19 20
21
22
23 24 25 26 27
28
29
30 31









2017年6月




1
2
3
4
5 6 7 8 9 10
11
12
13 14 15 16 17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27 28 29 30







2017年7月






1
2
3 4 5 6 7 8
9
10 11 12 13 14 15
16
17
18 19 20 21 22
23
24 25 26 27 28 29
30
31




一括入力 日付 2017年6月のスケジュール(詳細を確認するには、予定名をクリックしてください)
6月1日入力 06.01(木)
6月2日入力 06.02(金)
6月3日入力 06.03(土)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   09:30〜11:30
禮山郡来訪団の金沢訪問を受け、激動の東北アジアの平和連帯を考える意見交換を行います。 東北アジアの平和連帯を考える意見交換会
6月4日入力 06.04(日)
6月5日入力 06.05(月)
6月6日入力 06.06(火)
6月7日入力 06.07(水)
6月8日入力 06.08(木)
6月9日入力 06.09(金)
6月10日入力 06.10(土)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   13:30〜15:30
DVD視聴 「1枚の写真が・・・横浜事件65年目の証言」
 北日本放送・金澤敏子さん制作、2007年どギャラクシーテレビぶもん選奨

講演 「米騒動、泊、横浜事件そして共謀罪」
 お話 金澤敏子さん

ドキュメンタリスト、北日本放送の元アナウンサー、在職中にテレビ・ラジオのドキュ
メンタリーを40本あまり制作、現在は細川嘉六ふるさと研究会代表、米騒動の語り部、
共著書に『泊・横浜事件七〇年』、『米騒動とジャーナリズム』、『民が起つ』


参加費無料 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)を考える七尾市講演会
6月11日入力 06.11(日)
6月12日入力 06.12(月)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   17:00〜18:30
講演者  木村真さん  大阪府豊中市市会議員 

 安倍総理は、ついに憲法J1条の改定を目指す考えを明らかにしまし
  た。一方で、強力かつ強引に政治日程を進めている安倍政権では、複
  数の閣僚や政務官に“問題”力‘発生していました。そして、今度は総理
  本人に大さな問題が持ち上力‘つています。
  私たちは、これからを担う学生に、少しても政治に関剏を持っても
 らうために、このホットな問題の“火付けIQ”である亦村真さんをお迎
 えして、講演会を企画しました。
  新入生・抂学生・教碧員はもちろん、興味のある方はどなたでも、ぜ
 ひご参加ください。

 参加費 無料 木村真講演会 「森友学園問題と安倍政権」
6月13日入力 06.13(火)
6月14日入力 06.14(水)
6月15日入力 06.15(木)
6月16日入力 06.16(金)
6月17日入力 06.17(土)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   12:30〜14:30
「標的の村」「戦場ぬ止み」と、沖縄の米軍基地問題を取り上げ続けている三上智恵監督によるドキュメンタリー。沖縄本島では辺野古の新基地建設、高江のオスプレイのヘリパッド建設、そして宮古島、石垣島の自衛隊配備とミサイル基地建設など、沖縄はさまざまな問題を抱え、反対派の住民たちによる激しい抵抗、警察や機動隊との衝突が続いている。そういった現実を描きながら、沖縄の人たちが持つ県民性なども浮き彫りにしていく。タイトルは2016年6月に米軍属女性暴行殺人事件被害者追悼集会での稲嶺進名護市長による「我々は、また命を救う『風かたか』になれなかった」の発言から取られ、「風かたか」は風よけを意味する。三上智恵監督映画 「標的の島 「風かたか」 シネモンド上映
   14:00〜17:00
記念講演会

 講師 馬 麒 さん

 演題 父・馬得志を偲んで七尾強制連行への戦後補償を実現する会 総会 講演会
6月18日入力 06.18(日)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   12:30〜14:30
「標的の村」「戦場ぬ止み」と、沖縄の米軍基地問題を取り上げ続けている三上智恵監督によるドキュメンタリー。沖縄本島では辺野古の新基地建設、高江のオスプレイのヘリパッド建設、そして宮古島、石垣島の自衛隊配備とミサイル基地建設など、沖縄はさまざまな問題を抱え、反対派の住民たちによる激しい抵抗、警察や機動隊との衝突が続いている。そういった現実を描きながら、沖縄の人たちが持つ県民性なども浮き彫りにしていく。タイトルは2016年6月に米軍属女性暴行殺人事件被害者追悼集会での稲嶺進名護市長による「我々は、また命を救う『風かたか』になれなかった」の発言から取られ、「風かたか」は風よけを意味する。 三上智恵監督映画 「標的の島 風かたか」 シネモンド上映
6月19日入力 06.19(月)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   12:30〜14:30
「標的の村」「戦場ぬ止み」と、沖縄の米軍基地問題を取り上げ続けている三上智恵監督によるドキュメンタリー。沖縄本島では辺野古の新基地建設、高江のオスプレイのヘリパッド建設、そして宮古島、石垣島の自衛隊配備とミサイル基地建設など、沖縄はさまざまな問題を抱え、反対派の住民たちによる激しい抵抗、警察や機動隊との衝突が続いている。そういった現実を描きながら、沖縄の人たちが持つ県民性なども浮き彫りにしていく。タイトルは2016年6月に米軍属女性暴行殺人事件被害者追悼集会での稲嶺進名護市長による「我々は、また命を救う『風かたか』になれなかった」の発言から取られ、「風かたか」は風よけを意味する。三上智恵監督映画 「標的の島 風かたか」 シネモンド上映
   19:00〜21:00
育鵬社の教科書問題にかんして

金沢市の中学の歴史教科書に育鵬社の教科書が採択された。
この教科書は日本のアジア諸国への「侵略」を「進攻」「自存自衛」そして日本の戦争を「アジア諸国の解放」などと表現しており、歴史事実を歪曲している。「市民の政策研究会」として、育鵬社の歴史教科書を手に入れ、詳細に検討したい。これまでは金沢市の採択の議事録を読み、また、森かずとしの議会発言を検証してきたが、前回からは、教科書その物を読み込んでいます。今回も、中身を精査し、討論します。金沢ざっくばらん 金沢市の育鵬社の歴史教科書採択を考えるー第十九回
6月20日入力 06.20(火)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   12:30〜14:30
「標的の村」「戦場ぬ止み」と、沖縄の米軍基地問題を取り上げ続けている三上智恵監督によるドキュメンタリー。沖縄本島では辺野古の新基地建設、高江のオスプレイのヘリパッド建設、そして宮古島、石垣島の自衛隊配備とミサイル基地建設など、沖縄はさまざまな問題を抱え、反対派の住民たちによる激しい抵抗、警察や機動隊との衝突が続いている。そういった現実を描きながら、沖縄の人たちが持つ県民性なども浮き彫りにしていく。タイトルは2016年6月に米軍属女性暴行殺人事件被害者追悼集会での稲嶺進名護市長による「我々は、また命を救う『風かたか』になれなかった」の発言から取られ、「風かたか」は風よけを意味する。 三上智恵監督映画 「標的の島 風かたか」 シネモンド上映
6月21日入力 06.21(水)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   12:30〜14:30
「標的の村」「戦場ぬ止み」と、沖縄の米軍基地問題を取り上げ続けている三上智恵監督によるドキュメンタリー。沖縄本島では辺野古の新基地建設、高江のオスプレイのヘリパッド建設、そして宮古島、石垣島の自衛隊配備とミサイル基地建設など、沖縄はさまざまな問題を抱え、反対派の住民たちによる激しい抵抗、警察や機動隊との衝突が続いている。そういった現実を描きながら、沖縄の人たちが持つ県民性なども浮き彫りにしていく。タイトルは2016年6月に米軍属女性暴行殺人事件被害者追悼集会での稲嶺進名護市長による「我々は、また命を救う『風かたか』になれなかった」の発言から取られ、「風かたか」は風よけを意味する。 三上智恵監督映画 「標的の島 風かたか」 シネモンド上映
6月22日入力 06.22(木)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   12:30〜14:30
「標的の村」「戦場ぬ止み」と、沖縄の米軍基地問題を取り上げ続けている三上智恵監督によるドキュメンタリー。沖縄本島では辺野古の新基地建設、高江のオスプレイのヘリパッド建設、そして宮古島、石垣島の自衛隊配備とミサイル基地建設など、沖縄はさまざまな問題を抱え、反対派の住民たちによる激しい抵抗、警察や機動隊との衝突が続いている。そういった現実を描きながら、沖縄の人たちが持つ県民性なども浮き彫りにしていく。タイトルは2016年6月に米軍属女性暴行殺人事件被害者追悼集会での稲嶺進名護市長による「我々は、また命を救う『風かたか』になれなかった」の発言から取られ、「風かたか」は風よけを意味する。 三上智恵監督映画 「標的の島 風かたか」 シネモンド上映
6月23日入力 06.23(金)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   12:30〜14:30
「標的の村」「戦場ぬ止み」と、沖縄の米軍基地問題を取り上げ続けている三上智恵監督によるドキュメンタリー。沖縄本島では辺野古の新基地建設、高江のオスプレイのヘリパッド建設、そして宮古島、石垣島の自衛隊配備とミサイル基地建設など、沖縄はさまざまな問題を抱え、反対派の住民たちによる激しい抵抗、警察や機動隊との衝突が続いている。そういった現実を描きながら、沖縄の人たちが持つ県民性なども浮き彫りにしていく。タイトルは2016年6月に米軍属女性暴行殺人事件被害者追悼集会での稲嶺進名護市長による「我々は、また命を救う『風かたか』になれなかった」の発言から取られ、「風かたか」は風よけを意味する。 三上智恵監督映画 「標的の島 風かたか」 シネモンド上映
6月24日入力 06.24(土)
6月25日入力 06.25(日)
6月26日入力 06.26(月)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
   19:00〜21:00
今回の輪読会のテーマは「差別」を考えます。 
  沖縄の翁長知事は「国連」で演説し、『沖縄県内の米軍基地は、第二次世界大戦後、米軍に強制接収されて出来た基地です。 沖縄が自ら望んで土地を提供したものではありません。沖縄は日本の国土の0.6%の面積しかありません。しかしながら、在日アメリカ軍専用施設の73.8%が、沖縄に存在しています。70年間で、アメリカ軍基地に関連する多くの事件・事故、環境問題が沖縄では起こってきました。私たちは自己決定権や人権を、ないがしろにされています。自国民の自由、平等、人権、民主主義すら守れない国が、どうして世界の国々とそれらの価値観を、共有することなどできるでしょうか。』 沖縄への差別的処遇を痛烈に批判しています。
  輪読会テキスト ジュニア版 琉球・沖縄史 新城俊昭著 発売元 編集工房 東洋企画
  〒901-0305 沖縄県糸満市西崎町4-21-5 Tel 098-995-4444 Fax 098-995-4448 ¥1,500
ジュニア版 琉球・沖縄史 第18回輪読会  差別を考える  
6月27日入力 06.27(火)
6月28日入力 06.28(水)
6月29日入力 06.29(木)
6月30日入力 06.30(金)

今月に戻る
2017年5月  2017年6月 2017年7月
管理者用
詳細予定表 version1.03 ©hirayama