市民の政策研究会「くるま座」 詳細予定表
ヘルプ   キーワード   検索条件 
今月に戻る
最近、更新された予定
2017年12月





1
2
3
4 5 6 7 8 9
10
11 12 13 14 15 16
17
18
19 20 21 22 23
24
25
26 27 28 29 30
31






2018年1月

1
2
3
4
5
6
7
8
9 10 11 12 13
14
15 16 17 18 19 20
21
22
23 24 25 26 27
28
29
30 31









2018年2月




1
2
3
4
5 6 7 8 9 10
11
12
13 14 15 16 17
18
19
20 21 22 23 24
25
26
27 28









一括入力 日付 2018年1月のスケジュール(詳細を確認するには、予定名をクリックしてください)
1月1日入力 01.01(月)
元日

1月2日入力 01.02(火)
1月3日入力 01.03(水)
1月4日入力 01.04(木)
1月5日入力 01.05(金)
1月6日入力 01.06(土)
1月7日入力 01.07(日)
1月8日入力 01.08(月)
成人の日

1月9日入力 01.09(火)
1月10日入力 01.10(水)
1月11日入力 01.11(木)
1月12日入力 01.12(金)
1月13日入力 01.13(土)
1月14日入力 01.14(日)
1月15日入力 01.15(月)
1月16日入力 01.16(火)
1月17日入力 01.17(水)
1月18日入力 01.18(木)
1月19日入力 01.19(金)
1月20日入力 01.20(土)
1月21日入力 01.21(日)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
new  10:00〜12:30
 『標的の島 風かたか』県内自主上映会第四回の打合せ会
new  14:00〜16:00
 1月21日14時から教育会館2階会議室で集会


      
      1月21日の集会の件

      講演     :14:05 市原あかねさん(40〜50分程度)
              後、質疑 
  
      閉会(行動提起):15:50〜16:00
      
      集会後、デモ 
 
    1月23日 10:00 ゴミ署名提出
   ごみ有料化学習会!
1月22日入力 01.22(月)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
new  19:00〜21:00
金沢市の中学の歴史教科書に育鵬社の教科書が採択された。
この教科書は日本のアジア諸国への「侵略」を「進攻」「自存自衛」そして日本の戦争を「アジア諸国の解放」などと表現しており、歴史事実を歪曲している。「市民の政策研究会」として、育鵬社の歴史教科書を手に入れ、詳細に検討したい。これまでは金沢市の採択の議事録を読み、また、森かずとしの議会発言を検証してきたが、前回からは、教科書その物を読み込んでいます。今回も、中身を精査し、討論します。 金沢ざっくばらん 金沢市の育鵬社の歴史教科書採択を考えるー第二十六回
1月23日入力 01.23(火)
1月24日入力 01.24(水)
1月25日入力 01.25(木)
1月26日入力 01.26(金)
1月27日入力 01.27(土)
1月28日入力 01.28(日)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
new  10:00〜12:00
〜あらすじ〜

2015年の秋、安保法案に反対する国会前のデモのニュースが、テレビからながれる。
 老人ホームで余生を過ごす98歳の元落語家、金山亭我楽こと藤尾純次(岡本富士太)の胸に、故郷瀬戸内の島の一人の僧侶・杉原良善(中原丈雄)の姿がよみがえる。

1932年(昭和7)、日中戦争から太平洋戦争に向かう戦争の時代。
 噺家になりたい13歳の純次(松田優佑)の背中を押したのが良善和尚だった。
 東京へ弟子入りし落語家となった純次(小倉レイ)は、出征のため6年振りに里帰りし和尚と再会するが、境内での出陣式で、良善は突如「戦争は罪悪で人類に対する敵、すぐにでも止めたほうがええ」「逃げて帰って来い。人殺しはするな」と説教を始める。

それまで戦争に協力する説教を語っていた良善のこの変化には何があったのか……。
映画『明日へ −戦争は罪悪であるー』上映会 
new  13:30〜15:30
〜あらすじ〜

2015年の秋、安保法案に反対する国会前のデモのニュースが、テレビからながれる。
 老人ホームで余生を過ごす98歳の元落語家、金山亭我楽こと藤尾純次(岡本富士太)の胸に、故郷瀬戸内の島の一人の僧侶・杉原良善(中原丈雄)の姿がよみがえる。

1932年(昭和7)、日中戦争から太平洋戦争に向かう戦争の時代。
 噺家になりたい13歳の純次(松田優佑)の背中を押したのが良善和尚だった。
 東京へ弟子入りし落語家となった純次(小倉レイ)は、出征のため6年振りに里帰りし和尚と再会するが、境内での出陣式で、良善は突如「戦争は罪悪で人類に対する敵、すぐにでも止めたほうがええ」「逃げて帰って来い。人殺しはするな」と説教を始める。

それまで戦争に協力する説教を語っていた良善のこの変化には何があったのか……。
映画『明日へ −戦争は罪悪であるー』上映会 
new  17:30〜19:30
あらすじ

2015年の秋、安保法案に反対する国会前のデモのニュースが、テレビからながれる。
 老人ホームで余生を過ごす98歳の元落語家、金山亭我楽こと藤尾純次(岡本富士太)の胸に、故郷瀬戸内の島の一人の僧侶・杉原良善(中原丈雄)の姿がよみがえる。

1932年(昭和7)、日中戦争から太平洋戦争に向かう戦争の時代。
 噺家になりたい13歳の純次(松田優佑)の背中を押したのが良善和尚だった。
 東京へ弟子入りし落語家となった純次(小倉レイ)は、出征のため6年振りに里帰りし和尚と再会するが、境内での出陣式で、良善は突如「戦争は罪悪で人類に対する敵、すぐにでも止めたほうがええ」「逃げて帰って来い。人殺しはするな」と説教を始める。

それまで戦争に協力する説教を語っていた良善のこの変化には何があったのか……。
映画『明日へ −戦争は罪悪であるー』上映会 
1月29日入力 01.29(月)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
new  19:00〜21:00
今回の輪読会のテーマは「差別」を考えます。 
  沖縄の翁長知事は「国連」で演説し、『沖縄県内の米軍基地は、第二次世界大戦後、米軍に強制接収されて出来た基地です。 沖縄が自ら望んで土地を提供したものではありません。沖縄は日本の国土の0.6%の面積しかありません。しかしながら、在日アメリカ軍専用施設の73.8%が、沖縄に存在しています。70年間で、アメリカ軍基地に関連する多くの事件・事故、環境問題が沖縄では起こってきました。私たちは自己決定権や人権を、ないがしろにされています。自国民の自由、平等、人権、民主主義すら守れない国が、どうして世界の国々とそれらの価値観を、共有することなどできるでしょうか。』 沖縄への差別的処遇を痛烈に批判しています。
  輪読会テキスト ジュニア版 琉球・沖縄史 新城俊昭著 発売元 編集工房 東洋企画
  〒901-0305 沖縄県糸満市西崎町4-21-5 Tel 098-995-4444 Fax 098-995-4448 ¥1,500
ジュニア版 琉球・沖縄史 第25回輪読会  差別を考える
1月30日入力 01.30(火)
1月31日入力 01.31(水)

今月に戻る
2017年12月  2018年1月 2018年2月
管理者用
詳細予定表 version1.03 ©hirayama